« フーガス&お買い物 | トップページ | ウグイスとトカゲ »

2007年3月19日 (月)

バリ滞在記 ~第16章~

笑いを求めて買った義理チョコのお返し。

こんなやつです→ネグリジェドール・レーシィリボン

色違いでもあるんですが、黒の写真の方がエッチいかな?

ぜひクリックして見てみてください~。

でもこれ・・・本気で喜ばれちゃったらしいです(滝汗)

黒だったらまー『あり』だけど、

私の中では白は『なし』だったのでビックリ。

あげた本人も私もそんな彼女の反応にものすごくガッカリ。

喜んでもらえたらホントはこっちも嬉しいはずなのに・・・。

おかしな話ですよね~。

━―━―━[ JR ショボン駅 (´・ω・`) ]━―━―━

そしてしばらく放置していたバリ滞在記を久々にUP!!

自分でもどこまで書いたのか・・・忘れちゃったよ(滝汗)

え~っと・・・4日目のサンセットの後からです。

中途半端な時間にルームサービスをお願いしたので

夜になってもまったくお腹が空かず。

でもどうしても行ってみたいレストランがあったんです。

5日目はホテル内では食事をしないつもりだったし

6日の夜日本に発つので時間がないかもしれない。

ってことで今日しかない。

お腹が空くのを待って、

それでもあまり減らないまま行ってみることにしました。

行きたかったレストランは『Kisik Bar and Grill』

海へと続く階段の途中に作られているシーフードレストラン。

Dsc01878_1

このプールの並びに作られています。

写真には写っていないですが下側がキシックです。

夜のプールはこんな感じ~。

Dsc021331

キシックの床は砂で敷き詰められ、

席は断崖絶壁にも設けられている。

案内されたのは絶壁側。

中はこんな感じになってます。

Dsc021431

が、絶壁側は暗くて視界が悪い!!

そして風が強かったのではじめはメチャメチャ怖かったです。

すぐ下から波の音がサブんサブん聞こえてくるし

岩場になっているのが分かる。

落ちたらこりゃ間違いなく 死ぬなっていう緊張感でいっぱいでした。

でも暗いので空や飛行機の離発着が見える。

あいにく天気があまりよくなかったようで星はあまり見えなかった。

キシックはシーフードがたくさん並べられていて

好きなものを選んで好きな調理法で食べることができる。

黒板に金額は書いてあるんだけど、イマイチ良く分からない。

とりあえずロブスターでしょ!!ってことで適当に頼む。

グラムで金額が決まるんだけど、そのロブスターが何グラムなのか

そしておいくらになるのかちっとも分からないまま

2人してまーいっか~って気持ちになってしまった・・・。

そしてもう1つ、串に刺さったお魚をチョイス。

とりあえずはそれぐらいにしておこうと思い席に戻りました。

お酒は待望の実そのままのものを♪

Dsc021391 Dsc021401

私のスイカとまぁのココナッツ。

あんまりお腹空いてないのにこんな大きなお酒頼んじゃったよ・・・。

と少し後悔しつつも、お味はジュースのような感じなので

ガブガブいけちゃいました。

Dsc021351 そしてパン。

おぉ!バリに来てリーンなパンはお初かも。

ちょっと嬉しくなりました。

フランスパンとバターロールのあいのこのような感じ。

食感はソフトフランス、お味はバターロールな感じでした。

Dsc021461

そしてオーダーしたお料理がコチラ~。

デ、デカい・・・。

ロブスターもデカけりゃ串刺しの魚もデカい!!!

そしてごはんとサラダまで出てきました(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

聞いてないよ~!!食べきれるかな?(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロォロ

とりあえずアップでご紹介。

Dsc021501 ソース。

写真を撮って初めてソースの様相が分かりました(笑)

暗いのでどれもこれもソース色の液体にしか見えず

とりあえず一通りチロっと舐めてみたんですが

やっぱり激辛ソースが混じってました。

どれが辛かったのかは忘れちゃったけど・・・。

Dsc021471

串刺しのお魚。間には玉ねぎやパプリカが挟まれてました。

プリプリであっさりとした白身魚。

1つ1つが大きくてすんごい食べ応え。

Dsc021481

そしてロブスター!!

これまた暗くてどこまで食べられるのか良く分からない。

もちろん食べやすいように切り分けてはくれてるんだけど

ここはどうなの?!って突っつきまくりました(笑)

もう、ビックリするぐらいプリんプリんでした~♪

この頃には断崖絶壁の怖さも忘れ食べるのに夢中。

日本で食べたら絶対おいしいと思わないであろうインドネシアのお米も

パクパクとすすみました。

Dsc021491 ガドガド。

インドネシアのサラダです。

さっぱりとした野菜に甘めのピーナッツソースがかかってます。

満腹のお腹でも、これを食べるとちょっと落ち着く。

箸休めの役割を果たしてくれました。

Dsc021531 デザート。

これも写真に写して、あぁピンクだったんだって分かった(笑)

ストロベリーアイスでした。

これは私が食べるからそっちは食べて~なんて配分を考えつつ

なんとか完食。

もう限界ギリギリでした。

その後この↓プールを少し散策し

Dsc02155

階段を登ってホテルに向かいました。

もうね、ただでさえお腹いっぱいなのに階段がキツいキツい。

途中の踊り場で休憩しつつ、ぜぃぜぃ言いながら登りきりました。

そしてこのキシック、桟橋があってその桟橋の突端では

1晩に1組だけロブスターのフルコースディナーがいただける。

Dsc01877

↑こんな場所です。

私たちが行ったときは誰もおらず

『ジュゴク』という太い竹でできた楽器演奏のみが行われてました。

涼しげでバリらしい素敵な音色~☆

桟橋ディナーすっごい憧れるけど・・・。

きっと風は強いし足場は悪いし

私たちが座った席よりもさらに暗そうだし。

なんか結構サバイバル?怖そうだな~って思っちゃいました。

そんななかで優雅にお食事なんかできるのかな~??

もしかしたらサンセット時、とか

時間設定がされてるのかもしれませんね~。

桟橋ディナーはしなかったけど、

この日はエステにロブスターと、贅沢三昧の1日でした~♪

続く。

|

« フーガス&お買い物 | トップページ | ウグイスとトカゲ »

コメント

お返しの堅・・・違った!(笑)件ですが、意外な反応だったのですね・・・(>v<)でも品物をサイトでみてみましたが、私も普通に可愛いって思ってしまいました~(^^*)ただ!男性からのお返しでもらった時点で、やっぱり「ギャー」ですが(笑)
 
バリ日記、待ってました~もう終わったのかな?いやまだのはず・・・なんて思ってたところです(^^)
この日も豪華な食事だったんですね!絶壁側の席なんていいな~♪そういう席で食事する機会、絶対ないから羨ましい~・・・でも怖かったのですね(^^;)
ロ、ロブスター!!!う~、オイシソウダー(>▽<)
プリプリの身が「食べて」とこっち見てるぅ(笑)
パンも美味しかったんですね。あのパンの色は焼き色だけじゃないのかな?なんか本で、名前は忘れたけど何かを塗って焼くとちょうどこんな色になるパンの写真を見たことがあります!すっごい気になってたんです。そのパンかもしれないですね~。
なんだかどの写真見ても綺麗ですね。バリ日記読んでるときは、私もバリに行ってます!・・・実際は畳の部屋でコタツに入ってるんですがね( ̄▽ ̄)

投稿: shiika☆ | 2007年3月19日 (月) 16時29分

あっ(●^o^●)shiikaさんが…素敵な言葉をぉ発しになられて…  おっほっほ~
そうそうその堅♪ ←パクり
もこもあれはちょっと嬉しいかもしれません…
いったい双方どんなキャラの方なのかがとっても気になります…
バリ日記だ~♪
素敵なディナーでしたね 見ながらお腹がいっぱいになる感じでした。これを見ながらご飯1杯は食べられそうね♪
暗がりで断崖はコワイ…でも…あの桟橋の先は みただけでもコワイです
わりと外国ってスリルのあるもの多いですよね
日本はわりとしっかりと守られてるから安心だけど…
やはり…バリ日記楽しいわ♪うんと引っ張ってね~

投稿: もこ | 2007年3月19日 (月) 21時50分

★shiikaさん★
そーそーそー!!そうなのです~!
義理ランジェリー、確かにかわいいけど
男性に、しかも会社の人にもらうのって「ギャー」でしょう?
って思ったんだけどな~。
思惑が外れました。

にひひひー。バリ日記やっぱりバレてました?^^;
書かなきゃ書かなきゃと思いつつつい後回しで・・・。
すんまそーん。
おぉホントだ!ロブスターカメラ目線ですね~。
気付かなかった^^
そしてパン、私はてっきりバリだからこんなパンなんだ
って勝手に思い込んでました。
ちゃんと存在する(?)パンなんですね。←って変な表現。
へぇぇぇ。
なんて言うパンなのか気になりますね~。
もちろん私も
ファンヒーターにあたりながらバリ日記更新です♪


★もこさん★
ランジェリーの堅ホント残念でした。
って『ランジェリーの堅』
↑これってなんかイヤな表記ですね(滝汗)
ちなみに双方のキャラは
男性→することなんでも結構セクハラ。でもなぜか許される。
女性→三十路も過ぎて彼氏もいるけどなかなかなウブキャラ。
こんな感じですかね?
ウブキャラだから嫌がると思ったのに・・・。
とんだ思い違いでした!!(笑)

バリの堅、もこさんに突っ込まれなかったら
ずーーーっと放置だったかも・・・?????
突っ込んでもらって良かったです♪
桟橋ディナー素敵だけどホントかなりデンジャーですよね。
うっかり予約とかしないで良かった!って思いました。
確かに日本じゃこんなレセプションないですよね~。
ってことはやっぱり外国ならではのスリルを味わうべきだったのかな~(笑)

投稿: みかん | 2007年3月21日 (水) 19時01分

私・・・白ありですよ~(^O^)/
逆に黒だったらひいてるかも~!!

そして…バリの食事風景
本当に暗そうですね。。。
こんな美味しそうなのに~!!

桟橋ディナー…サンセットだったら
やばいぐらい素敵なディナーになりそうですね~(>_<)
日没後は怖いので遠慮しておきます…

投稿: safuran | 2007年3月21日 (水) 20時31分

★safuranさん★
白ありですか~!!
確かに黒はちょっとエッチぃですよね。

断崖レストランはホントに暗くて
ロブスターの姿さえ正確には拝めなかったです。
桟橋も日が沈む前に岸に戻らないと・・・
大変なことになりそうですよね!
料理運ぶ人もすごいな~って思ってたんですけど
もしかしてバリ人はみんな視力が良さそうだから
平気なんですかね~?!(笑)

投稿: みかん | 2007年3月23日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15207/5740821

この記事へのトラックバック一覧です: バリ滞在記 ~第16章~:

« フーガス&お買い物 | トップページ | ウグイスとトカゲ »